ミュージアムパーク 茨城県自然博物館

English

×

トップページ

企画展

過去の企画展示一覧

蟹の泡吹きエビのつぶやき …その多様性を探る…

展示

展示EXHIBITIONS

常設展示
企画展
現在の企画展
今後の企画展
過去の企画展
トピックスコーナー
茨城の自然インフォメーション
ポケット学芸員

過去の企画展示

蟹の泡吹きエビのつぶやき …その多様性を探る…

蟹の泡吹きエビのつぶやき …その多様性を探る…

 私たちにとって、とても身近な存在であるエビとカニ。磯遊びの中で、あるいは食卓や民話の中で、誰もが一度はお目にかかったことがあるでしょう。そんなエビとカニは節足動物の中の「甲殻類」というグループに属しています。現在,甲殻類は微小なミジンコのなかまから、大型のエビやカニのなかまに至るまで、5万種以上が知られ、水中のあらゆる環境で大繁栄を遂げています。また、水中だけにとどまらず、ダンゴムシのように陸上まで進出している種類もいます。

 今回の企画展では、エビやカニを中心に、様々な環境に適応した甲殻類の多様な姿にスポットを当て、甲殻類の分類から生態、さらに県内に生息するエビ・カニ類、人との関わりなどを紹介します。

 特に、最初のコーナーでは、世界最大の甲殻類であるタカアシガニが生きたまま展示され、採集から展示に至るプロセスをビデオやパネルで紹介します。また、「多様な生息環境」や「環境への適応」のコーナーでは、深海から高山まで、地球上の様々な環境で工夫をしながら生活する甲殻類の姿をジオラマやシンボルツリーを通して、知っていただけるのではないでしょうか。このような身近な生き物たちを通して、自然を再認識し、生物の多様性を保つとはどういうことなのかをいっしょに考えてみませんか。

その他施設関連情報

博物館友の会博物館友の会

ミュージアムボランティアミュージアムボランティア

YouTubeチャンネルYouTubeチャンネル

ミュージアムショップミュージアムショップ

レストラン ル・サンクレストラン ル・サンク