ミュージアムパーク 茨城県自然博物館

English

×

トップページ

博物館紹介

博物館紹介

博物館紹介ABOUT US

ミュージアムパーク茨城県自然博物館とは?

ミュージアムパーク茨城県自然博物館は、「過去に学び、現在を識り、未来を測る」を基本理念のもと出発した自然史系博物館です。
1994年(平成6年)11月13日に開館しました。「茨城の風土に根ざした自然に関する総合的な社会教育機関」として、地域の博物館としての役割を重視しながらも、広い視野に立ち、地球環境問題にも目を向け、生物の多様性の保全を推進し、自然の素晴らしさや人間との関わりについて発信していきます。

施設の概要

施設面積 158,067.10m
本館 鉄筋コンクリート造 延床面積11,995㎡
展示室 常設展示室(第1~5)延床面積3,188㎡
企画展示室 延床面積957㎡
付属施設 セミナーハウス(平成8年6月竣工)
鉄筋コンクリート造 延床面積504㎡
自然発見工房 延床面積 364.7㎡

組織図

組織図組織図

シンボルマーク

シンボルマーク

茨城県自然博物館は、”過去に学び、現在を識り、未来を測る”を基本理念としています。
これらの理念と施設の特徴を表現するものとして、「過去」のイメージとしてのマンモス、「現在」のイメージとしての半円型の大地、「未来」のイメージとしての菅生沼に飛来する白鳥で構成しました。
半円形の大地は関東ローム層をイメージする「アースイエロー」、飛翔する白鳥は未来をイメージする「スカイブルー」で表現しています。

小さな「好き」から大きな「夢中」へ!
自然の魅力がギュッとつまったミュージアムパークへようこそ!

館長挨拶

館長挨拶

当館館長から皆様へのメッセージを紹介します

スタッフ紹介

スタッフ紹介

当館の学芸員等を紹介します

年報

年報

当館の活動を年度ごとに詳しく知ることができます

自然博物館ニュース

自然博物館ニュース

当館の旬なニュースを紹介する広報誌です

進化基本計画・中期計画

進化基本計画・中期計画

より良い博物館を目指して立案した目標と計画です

博物館協議会

博物館協議会

当館で開催した博物館協議会の議事録を公開しています

その他施設関連情報

博物館友の会博物館友の会

ミュージアムボランティアミュージアムボランティア

YouTubeチャンネルYouTubeチャンネル

ミュージアムショップミュージアムショップ

レストラン ル・サンクレストラン ル・サンク