ミュージアムパーク 茨城県自然博物館

English

×

トップページ

企画展

過去の企画展示一覧

体験!発見!恐竜研究所 -ようこそ未来の研究者-

展示

展示EXHIBITIONS

常設展示
企画展
現在の企画展
今後の企画展
過去の企画展
トピックスコーナー
茨城の自然インフォメーション
ポケット学芸員

過去の企画展示

体験!発見!恐竜研究所 -ようこそ未来の研究者-

体験!発見!恐竜研究所 -ようこそ未来の研究者-

日本初 三体の暴君が君臨

科学的な恐竜研究が開始されたおよそ200年前には,恐竜は巨大なトカゲのような動物であると考えられていました。しかし,研究が進むにつれ,恐竜はより活動的な動物だったと考えられるようになりました。1996年以降,さまざまな恐竜がまるで鳥類のように羽毛をまとった姿で復元されることが多くなり,現在では「鳥類は恐竜の生き残りである」という考え方が広まっています。

今回の企画展では,恐竜研究の歴史や最新の分類に関する話題,日本の恐竜研究などについて紹介します。

展示構成
  • 恐竜とは?
  • 恐竜研究の昔と今
  • 恐竜の分類,鳥への進化
  • 恐竜じゃない爬虫類たち
  • 日本の恐竜研究
ティラノサウルス 頭骨レプリカ(白亜紀/アメリカ
ティラノサウルス 頭骨レプリカ(白亜紀/アメリカ
動く恐竜(ティラノサウルスの親子とトリケラトプス)の展示(当館常設展示)
動く恐竜(ティラノサウルスの親子とトリケラトプス)の展示(当館常設展示)
成長段階の異なる3体のティラノサウルス全身骨格(レプリカ)【最年少(LACM 28471)の全身骨格を日本初公開!】
成長段階の異なる3体のティラノサウルス全身骨格(レプリカ)【最年少(LACM 28471)の全身骨格を日本初公開!】
”現在を生きる恐竜”カラスの全身骨格【最新の分類・恐竜から鳥への進化を解説!】
”現在を生きる恐竜”カラスの全身骨格【最新の分類・恐竜から鳥への進化を解説!】
最初に発見された恐竜の化石(レプリカ)【約200年間の恐竜研究の歴史を紹介!】
最初に発見された恐竜の化石(レプリカ)【約200年間の恐竜研究の歴史を紹介!】
「むかわ竜 脊椎」(実物) 所蔵:むかわ町穂別博物館【日本各地の恐竜化石・恐竜研究を紹介!】
「むかわ竜 脊椎」(実物) 所蔵:むかわ町穂別博物館【日本各地の恐竜化石・恐竜研究を紹介!】
開催期間 2019年2/16(土)~2019年6/9(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 毎週月曜日
※4月29日,5月6日は開館し,5月7日,8日は休館となります。
主催 ミュージアムパーク茨城県自然博物館
後援 NHK水戸放送局/茨城新聞社/日本古生物学会./ミュージアムパーク茨城県自然博物館友の会
記念行事 ◯自然講座
「恐竜の研究 ~野外調査,発掘から生体復元まで~」
2019年2月17日(日)

「恐竜ルネッサンスから最新恐竜学まで」
2019年4月14日(日)
その他施設関連情報

博物館友の会博物館友の会

ミュージアムボランティアミュージアムボランティア

YouTubeチャンネルYouTubeチャンネル

ミュージアムショップミュージアムショップ

レストラン ル・サンクレストラン ル・サンク