トップページ  >  利用案内  >  バリアフリー情報
茨城県自然博物館 > 利用案内 > バリアフリー情報
バリアフリー情報
障害者利用案内
団体で利用する場合
  • 団体利用の申し込みをお願いします。
    その際、当館視程の用紙による減免申請書(doc)障害者用名簿(doc)を提出してください。
  • 車椅子利用の方や手荷物の輸送に利便をはかるため、セミナーハウスの脇から入館する方法があります。
    団体受付の際、その旨をお申し出下さい。
  • 食事をとったり手荷物を一時的に置くための場所が必要な場合には、特別混雑する場合を除いて部屋を予約することができます。団体受付の際、ご相談下さい。

博物館で車椅子は借りられるか?
  • 当館には10台の車椅子があり、無料でご利用になれますので、受付の職員までお申し出下さい。
    なお、予約は承っておりませんので、空いている場合のみのご利用となります。

車椅子で通行の困難な場所はあるか?
  • 通行困難な場所は特にありませんが、注意して通行していただく箇所がいくつかあります。
    • 階下への移動など、順路が異なる場所が一部あります。団体でご利用になる場合には、事前に順路を確認しておくことをお勧めします。
    • バードウォッチング・カフェにおいでの時には、2階エントランスの脇にある車椅子専用のエレベーターをご利用下さい。
      ※職員までお申し出下さい。

昼食をとる場所はあるか?

緊急の連絡先は?
  • 最寄りの職員(ミュージアムコンパニオン等)、または事務室にご連絡下さい。
  • 近隣の病院については、インストラクターズルームにてご相談下さい。

どんな展示があるか。
  • ◇ 第1展示室
  • ◇ 第2展示室
    • 世界で一番古い(約40億年前)岩石に触れることができます。
    • 本物の恐竜(ディプロドクス)の大腿骨(足の骨)の化石に触れることができます。
  • ◇ 第3展示室
    • タヌキ、キツネ、モグラ、ネズミ、イタチなどの剥製に触れることができます。
    • 森や水辺の鳥の声、セミの声、カエルの声などを選んで聞くことができます。
  • ◇ 第4展示室
    • トンボ、魚、ネコの目からどのように見えるのかを体験することができます。
    • 人間ばかりでなく、イルカ・コウモリ・イヌなどの動物が、どのような周波数の音を聞けるかを体験することができます。
    • ウメ、バラ、森、海などの香りをクイズを通して体験することができます。
  • ◇ ディスカバリープレイス

その他、どんな施設があるか
当館は以下の設備、備品をご用意しております。
館内 盲人用歩道ブロック
点字による説明(一部)
音声ガイダンスシステム(受信器:無料貸し出し)
スロープ
エレベーター
電動リフト(バードウォッチングカフェ)
多機能トイレ(オストメイト対応トイレ1ヶ所)
野外 展示ブロック
スロープ
シグナルランプ(非常用の警報灯)
多機能トイレ
乳幼児連れのお客さまへ
乳幼児をお連れのお客さまには、ベビーカーを用意してあります。
受付の職員までお申し出下さい。
なお、予約は承っておりませんので、空いている場合のみのご利用となります。
貸出ベビーカー

また、授乳時にご利用できるナーシングルーム(授乳室)が、恐竜ホールにあります。
ナーシングルーム(授乳室)