トップページ  >  展示  >  総合展示  >  第3展示室「自然のしくみ」
茨城県自然博物館 > 展示 > 総合展示 > 第3展示室「自然のしくみ」
総合展示
第3展示室アイコン 第3展示室「自然のしくみ」
私たちの身の回りの自然には、さまざまな生物が生活しています。その生きものたちは、互いに密接に関係しながらその土地特有の環境をつくりあげていきました。
さまざまな場所の、バラエティーに富んだ動植物の姿をお楽しみください。
第3展示室

第3展示室フロアマップ


土の中の生き物
10 土の中の生き物
土の中の小さな生き物たちを、100倍に拡大して展示しました。
巨大なミミズやキノコに囲まれ、自分が小さくなって土の中の世界にとび込んだような感覚を味わって下さい。
森の生態
11 森の生態
茨城県内の代表的な山地林(北茨城市花園山)をジオラマで再現しました。
高木層のブナやミズナラ、草本層のスズタケなどの典型的な太平洋側の夏緑樹林が観察できます。
また、平地林(雑木林)を紹介したジオラマもあります。山地林や平地林で聞こえる鳥や虫の鳴き声に耳を傾けてみましょう。

イカル  サンコウチョウ  スズムシ  ヒグラシ
山地林の夜の生態
12 山地林の夜の生態
昼とは異なる、夜の森の姿を暗視スコープを使って覗くことができます。
フクロウやツキヨタケを探して画面をクリックしてみましょう。
植物の形
13 植物の形
植物のからだは花や果実など生殖に関する器官と葉や茎・根など栄養に関する器官から成り立ちます。
それらのさまざまな形を実物の標本で調べることができます。
水の生き物コーナー
14 水の生き物コーナー
久慈川水系をモデルとして、河川の上流から海にかけて、そこに生息する魚類を中心に一連の水槽で再現しました。