トップページ  >  展示  >  総合展示  >  第1展示室「進化する宇宙」
茨城県自然博物館 > 展示 > 総合展示 > 第1展示室「進化する宇宙」
総合展示
第1展示室アイコン 第1展示室「進化する宇宙」
常設展示は、まず地球を取り巻く大宇宙から始まります。
ここでは、さまざまな銀河・太陽系の惑星・太陽などの特徴や宇宙空間の環境などについて調べることができます。
また、さまざまな隕石を観察して、地球外の物質に想いをはせてみましょう。
第1展示室

第1展示室フロアマップ


物体の落下運動
1 物体の落下運動
宇宙空間と地表の違いを考えてみるコーナーです。
おもりと羽根を同じ高さから落としたらどうなるでしょうか。1回目は大気圧のもとで、2回目は円筒内を減圧して、そして3回目は真空に近い状態でそれぞれ実験し、おもりと羽根の落下の様子を観察してみましょう。
火星と金星の素顔
2 火星と金星の素顔
宇宙船を操縦している雰囲気を味わいながら、火星と金星の地形や大気・温度などを探査しましょう。
アエンデ隕石(いろいろな隕石)
顕微鏡でみる
3 アエンデ隕石(いろいろな隕石)
地球外からやってきた隕石は、地球外の物質を知る上でも、また46億年前の太陽系誕生の謎を探る上でも貴重な資料です。
27個の隕石の中で、アエンデ隕石が属する炭素質コンドライトは最も太陽系が生まれた当時の情報を持つタイプの隕石です。
この隕石の断面を見ると、球粒(コンドリュール)という球状の粒が含まれているのがよくわかります。

隕石を持ち上げよう
4 隕石を持ち上げよう
宇宙からやってきた隕石を持ち上げてみましょう。見た目よりも重く感じます。
この隕石は微惑星の内部で比重が大きい金属元素が集まってできた鉄隕石で、鉄・ニッケル合金からできています。