トップページ  >  展示  >  部門展示
茨城県自然博物館 > 展示 > 部門展示
部門展示
ディスカバリープレイスアイコン ディスカバリープレイス
ディスカバリープレイス:「発見の場」は、文字通り来館者一人ひとりの参加によって、新しい発見をするコーナーです。
茨城の自然に関するさまざまな動物・植物・地学資料を中心に紹介しています。私たちの身の回りのものを積極的に調べてみましょう。
ディスカバリープレイス

ディスカバリープレイスフロアマップ
○主な展示物を見てみよう

   21. 観察カウンター
   22. 都会(常盤松)の自然
         標本は語る
   23. 筑波山周辺の地質
   24. 茨城の植物
   25. ヤマネ(茨城の天然記念物)


観察カウンター
21 観察カウンター
身近な動物や植物などを自分で観察してみましょう。季節ごとに観察物が変わります。
肉眼ではわからない自然のつくりを詳しく知ることができます。
22 都会(常盤松)の自然
JR渋谷駅の東には,かつて常盤松町と呼ばれたところがあり,「常盤松御用邸」と呼ばれる常陸宮様のお住まいがあります。当館職員が御用邸で昆虫や植物の生きもの調査を行う機会があり,その調査結果を展示しています。
常陸宮様がご採集された標本も展示してあります。

22 標本は語る
当館のような自然史系博物館では,みなさんが自然への関心を高め,理解を深められるように標本が展示されています。しかし,博物館には展示されていない膨大な数の標本が収蔵庫に保管されています。
ここでは標本の作成方法や収蔵庫について,資料や動画で紹介しています。
筑波山周辺の地質
23 筑波山周辺の地質
筑波山は関東平野に突き出た形でそびえ立ち、茨城県を象徴する存在となっています。この筑波山を中心とした山々の現在の姿や、現在に至るまでにたどってきた経緯などを考えてみましょう。
このコーナーでは、海抜60m以上の地域に分布している、花崗岩・班れい岩・ホルンフェルスなどのさまざまな岩石を筑波山周辺から採集し、立体模型にして、筑波山の姿を紹介しています。
茨城の植物
24 茨城の植物
ディスカバリープレイスでは茨城県に関する動物・植物・地学のコーナーがあります。
「茨城の植物」では、茨城県に生育するさまざまな植物や細菌類・菌類について、代表的な種を系統分類的に紹介しています。
私たちの身の回りでふだん何気なく見過ごしている植物、林の中で見かけて気になっていたキノコなどを探してみましょう。
ヤマネ(茨城の天然記念物)
25 ヤマネ(茨城の天然記念物)
国指定の天然記念物に指定されているヤマネは茨城県北部の山間部に生息しています。
このように、茨城県には国指定の天然記念物が8つ(動物2、植物6)あり、その他に県指定の天然記念物は53もあります。