トップページ  >  博物館キッズページ  >  野外で調べてみよう  >  菅生沼の鳥たち
茨城県自然博物館 > 博物館キッズページ > 野外で調べてみよう > 菅生沼の鳥たち
菅生沼の鳥たち
トピックス
菅生沼のハクチョウ
菅生沼のハクチョウ

1970年代には、数羽から数十羽程度のオオハクチョウが渡来していましたが、1980年以後はコハクチョウだけが見られるようになりました。その数は年々増加し、1994年は300羽を越えています。
日本には冬鳥として渡来し、主に北日本や日本海側の湖沼や川、河口で越冬します。越冬地では、家族を単位とした群で生活し、春になると、ユーラシア大陸の北極海沿岸の繁殖地まで帰っていきます。
菅生沼は、えさとなるマコモなどの水生植物が豊富にあり、水面も厚い氷でおおわれないなど、大型の水鳥であるコハクチョウが、多数越冬できる全国でも数少ない場所として特徴づけられます。

ハクチョウの渡来数の年次変動

菅生沼の鳥たちページへ戻る