ミュージアムパーク 茨城県自然博物館

English

×

博物館紹介

博物館紹介ABOUT US

館長挨拶
スタッフ紹介
年報
自然博物館ニュース
進化基本計画・中期計画
博物館協議会

スタッフ紹介

氏名
湯本 勝洋(Katsuhiro YUMOTO)
所属
教育課/動物研究室
専門
学芸主事
環境教育 理科教育 土壌動物 両生類 は虫類
在職期間
平成13年度~平成23年度
平成31年度~現在
所属学会
日本土壌動物学会 日本環境教育学会

湯本 勝洋

研究テーマ

  • 茨城県陸生等脚甲殻類の分類と分布
  • 市民民参加による茨城県産陸生等脚甲殻類の生息調査
  • 土壌壌動物の教材化~オカダンゴムシを使った幼稚園での体験学習プログラムの実践~

来館者へのメッセージ

ダンゴムシやワラジムシが大好きです。茨城県内のダンゴムシやワラジムシの生息調査をしています。一緒に調査しませんか?
幼稚園や保育園の園児の皆さんとともに、ダンゴムシの魅力を伝えるための活動をしています。生き物好きなたくさんの園児を育成したいです。

担当した主な企画展等

  • 第78回企画展「深海ミステリー2020-ダイオウイカがみる世界-」(副主任)
  • 第50回企画展「筑波山-ブナとガマと岩と-」(副主任)
  • 第39回企画展「ありんこアントの大冒険 -土の中の生きものを探せ!-」(主任)
  • 第37回企画展「海辺の自然誌~陸と海との狭間で~」(副主任)
  • 第30回企画展「ハチたちの1億年-みがきぬかれた姿と生活-」(副主任)

主な学術論文

  • 茅根重夫・湯本勝洋. 2011. 大竹海岸における土壌動物, 茨城県自然博物館総合調査報告書: 69-78.
  • 湯本勝洋. 2010. ホタルミミズの常総市での捕獲記録, 茨城県自然博物館研究報告(13): 71-72.
  • 内田勝久・湯本勝洋. 2010. 土浦市宍塚の里山林におけるゴミムシ類(甲虫目:オサムシ科, クビボソゴミムシ科)の記録, 茨城県自然博物館研究報告(13):73-77.
  • Katsuhiro YUMOTO, Koji YAMAZAKI, Shinsuke KOIKE, Chinatsu KOZAKI, Yui NEMOTO, and Ami NAKAJIMA. 2010. Ixodid Ticks Collected from Japanese Black Bears in the Northern Kanto District, Central Japan (Arachnida, Acarina), Bulletin of Ibaraki Nature Museum No.13: 81-84.

主な学会発表

  • 2019. 土壌動物の教材化Ⅱ~オカダンゴムシを使った幼稚園での体験学習プログラムの実践~(湯本勝洋). 日本土壌動物学会. ポスター発表.
  • 2018. 市民参加による茨城県産陸生等脚甲殻類の生息調査Ⅱ(湯本勝洋). 日本土壌動物学会. ポスター発表.
  • 2017. 土壌動物の教材化~理科・生活科・総合的な学習の活動を通して~(湯本勝洋). 日本土壌動物学会公開ワークショップ講師.
  • 2011. 土壌動物の教材化~オカダンゴムシを使った幼稚園での体験学習プログラムの実践~(湯本勝洋). 日本土壌動物学会. ポスター発表.
  • 2011. 幼稚園向け環境学習プログラムの作成及び実践(湯本勝洋). 日本環境教育学会. ポスター発表.
  • 2010. 土壌微生物の教材化~土壌微生物を使った環境学習プログラムの作成~(湯本勝洋). 日本環境教育学会. ポスター発表.
  • 2010. 土壌動物の教材化~土の中の生きもののを使ったビンゴカードの作成及び実践~(湯本勝洋). 日本土壌動物学会. ポスター発表.

スタッフ一覧

後藤 優介(Yusuke GOTO)

池澤 広美(Hiromi IKEZAWA)

西元 重雄(Shigeo NISHIMOTO)

加倉田 学(Manabu KAKURADA)

その他施設関連情報

博物館友の会博物館友の会

ミュージアムボランティアミュージアムボランティア

YouTubeチャンネルYouTubeチャンネル

ミュージアムショップミュージアムショップ

レストラン ル・サンクレストラン ル・サンク